2020大晦日、滋賀県の管理釣り場アクアヘヴンで、人生初のスーパーレインボーに出会う

2020年12月。直前まで悩みましたが、家族相談の上、帰省することに。そして12/31は、京都にある嫁氏の実家で子供をみてくれるとのことで、嫁氏は嫁氏の、私は私の自由行動な一日を仕立ててくださいました

なんて恵まれた話。。。


しかし、釣り物が定まらない。


・初めは新年らしくマダイが釣りたい
・釣船はほとんど年末年始休暇で探せず。
・海上釣堀は、軒並み満席
・日本海に目を向けるも大荒れ
・昔通っていた武庫川一文字もお休み。
・須磨海釣り公園は台風で休業中?
・平磯は初めて過ぎて釣れる自信ない(京都からは少し遠い)


ということで、候補を探すも見つけられない。

残るは淡水ということで、京都近くの嵐山フィッシングエリア、長谷大池のワカサギが候補にあがりますが、それぞれ山間部も数十センチの積雪でノーマルタイヤでは危険な状態。

ということで、電車でいける、大晦日でも手ぶらで釣りができる場所、、気持ちよく1年の釣りを納められそうな場所をサーチサーチ・・京都と滋賀は近い・・!

ということでやってきましたアクアヘヴン!トラウトの管理釣り場です。

湖西線堅田駅からバスorタクシーで7分程度。車ならIC降りてすぐで、京阪神からもアクセスバッチリな環境です!

ご覧の通り雪景色になるぐらいの寒波が年末年始に来ていました。

ということで、前日にイオンで持ち運び便利なポータブル長靴GET!

その他はラバーネット貸し出しOK なので、小さなルアーケース、タオル、ソフトクーラー、出刃包丁をもって、塩とキッチンペーパーを駅前セブンイレブンで買い、肩からソフトクーラーを下げるだけの軽装スタイルで参戦です。

▼売店は?レンタルは?持ち帰りは?アクアヘヴンの基本情報

入場料は4500円。12時まで、もしくは12時からの半日券なら3500円。(女性割、短時間割、ペア割、さらには1時間単位で釣りできるシステムもありです)

持ち帰りについては、半日券なら1.5kgまで、全日券なら2kgまで、釣れた魚を持ち帰ることができます。超えた分はkg2000円で買取というシステム。

調理場も完備で、包丁まないた、キッチンばさみ、カナダワシもあります。塩とキッチンペーパーを事前にコンビニで買っていたので、その場でほぼほぼ下処理できました。

レンタルタックルは500円で、ルアーも販売。ラバーネットは無料貸し出し。氷も発泡スチロールもあるので、もはや手ぶらでいける、優しい釣り場ですね。

アクアヘヴンは、どんなフィールド?

アベレージサイズ、20cm強のニジマスがたくさんいる丸池と、

40cmから60cmクラスの大物やイワナ等がいる長池から構成されています。

どちらも水深2m程度とのこと。どちらも水車がまわってて、ほどよく流れがある感じですね。現地で買えるルアーも、一通り揃えられています。ここでは、1.5g前後のスプーンが扱いやすいとのことです。スタッフさん(オーナーさんかな?)がとても丁寧に教えて下さいます。好きでやっているのが伝わってほっこり。

12時よりちょいと早めについたので、売っているカップ麺を食べながら、みなさんの釣りの様子を見学。※コロナ対策のため、食事は屋外のテラスで行うとのこと!

丸池では、カップルや家族連れも訪れていて、25cmクラスがコンスタントに釣れてますね!

長池では、丸池ほどは釣れてませんが、竿を立ててゆっくりフォールさせる、粘りある縦の釣りをされている方が、40cm級をあげているのが見えました。Facebookページを見ると、朝イチにドデカイのもあがっているようで、胸が高鳴ります。

まずは丸池からスタート!お土産確保&このあとの大物対峙の精神力補給笑笑

まずは丸池で準備運動!
塩焼き用に2匹くらいは確保したいので、神奈川の王禅寺でも活躍したスプーンで様子見。早速コツコツ触れる感覚もありいい感じだなと思っていると、2投目でヒット!

0.9gカラシ色のマーシャルトーナメント。竿をたてながら、ややゆっくりフォール気味に表層ちかくを巻いてくるやつです。

2.8gのMIU、黒&ライムにルアーを変えてもヒット!色のはっきりでているニジマスさんですね。2匹確保の後も、釣れるルアーを3色くらい確かめて、いざ長池へ!先日の王禅寺(神奈川県)では、40cm級までは釣れましたが、今回はそれ以上が狙い。これから長い戦いに突入です。

長池では、奥の水車前にイン。いろいろ試すも、1.5時間の沈黙、、

大物が多く潜むとの長池。対岸側は釣り禁止のため、みなさん一直線にならびます。12時に午前のみのお客さんがたくさん帰ったので、長池には通しの方ふくめ3から4人くらいになりました。

一番奥に水車があり、底の前があいていたので入らせてもらいました。水車からの本流や、本流脇を攻めることができる、絶好のポイント感!

まずはやや重ため、さきほどの2.8gのMIU黒&ライムを遠投。

水車の本流から脇を攻めてみる。一投目、コツっとあたったような気もするけど、その後しばらく反応なし。

ウェイトをかえて1.6gのハイバースト赤黒。こちらでも、竿先にコツコツ反応あります。あれ、案外釣れてしまうんじゃないかという期待感。


それも虚しく、数投すれば、反応がなくなってしまいます。

続いて、さきほどの0.9カラシを、U字ドリフト。流れにのせてゆっくりヒラヒラフォールしつつ、反転させて、本流と静止ゾーンの境目を、遡る。

L字ドリフト。水車のやや下流に位置取り、上流になげて、テンションかけつつフォールさせながらゆっくりラインを回収。目の前くらいからは、直角にターン。

ミノーを投げたり、クランクを投げたり。スプーンの色や重さを変えたり。


以後、コツンともしないまま90分ほど経過いたしました。笑

ハイバースト1.8赤黒に長池ニジマスが微笑む!?

ここで、先程コツコツきたハイバーストに戻し、上流方向水車際になげてフォールさせながらななめに引いてくると、、ついに長池初のヒット!!

40cmないくらいかな?

全身をひねらせ、トルクあるヒキがはんぱない!


強いヒキをみせてくれますが、手前でバラシ・・笑

体に極力優しいリリースをした・・と思いたいですが、バラシですね。ぴえん。

1匹が欲しい時に買う最終兵器を店主に相談

筆者はエリアトラウトは、年1-2回やるかどうか、というところでこの釣りの経験も深くはないのですが、渋い時には、縦の釣りシリーズ、バベルが最強」「巻き物に反応がない時に、効力発揮」なんてことを、聞いたことがありました。

巻く系以外でほしかったところ、小屋には1gごえのものと、0.4gがおいてある。「バベルならどれがいいですか?」と聞いてみたら、「ここで釣るなら0.4の方が釣れると思いますよ」「カラーは、割とマッディな池だから、どれもあんま変わらないかな、自分が釣れると信じられるものを」

ということで、ペレットっぽいオリーブ色にしました。

「ヒラヒラ落として、着底したら竿先をクイッとあげてピタッととめる。クイッとあげて、ピタッととめる。この間が大事だったりします。0.4だと、放置でもある程度水流うけて動いていたりしますよ」

と、ジェスチャーつきで教えてくれました。ほんと優しい・・。


またフェザージグ(毛のついたジグヘッド)も、とにかく釣果がほしい方にはおすすめ、とのこと。これも着底してじーっとするタイプ。ピョコン、ジーー。ぴょこん、じーーーー。というイメージ。

これで、後半戦がんばる・・・・!

最終兵器バベル0.4がいきなり炸裂

早速バベル君投入。


水車のやや下から、水車近くに落とし、流れにそってヒラヒラ。

着底感じたら、ヒュッとあげて、ヒラヒラ。ステイ。を繰り返します。


中学生の時にどハマりした、センコーのノーシンカーワームでのバス釣りとかを、思い出しますね。


ちょっと上流に立ち位置を変えて、水車の下流方向になげ、U字を描くようにヒラヒラと落としたところ、3回目の持ち上げでコツン!合わせるとフッキング!!

40cmないくらいの中型ニジマスついにGET!ドラグも鳴り響く、白熱のファイトで楽しませていただきました。1.5kgの持ち帰り制限があり、小さな二匹で塩焼きは確保できている。あとは、特大の一匹がほしいということで、こちらはリリースさせてもらいました。

続けて、水車の背中側にキャストして、水車沿いやや手前をフォール&リフト。すると重みのあるアタリがきましたが、これは合わせられず。

竿先が大きく動くドフっという、あたり。昔ライギョを釣ったときににているw

もしや大きい?笑笑 なんて妄想だけ広がります

15時前にはエサやりタイム!ありえない魚影に驚き

14時半〜15時くらいにかけて、スタッフさんが、釣り人は立ち入らない対岸にわたり、餌やりをします。長い毛のまさに水車前から大きめの金魚のエサみたいなのを撒き散らし歩いたところ、水面が乱舞乱舞!

一箇所だけではなく、歩きながら撒き散らす全ての場所で水面が乱舞してます!

なんという魚影の濃さ、、!

これにあやかろうと、ちょうど同じサイズにみえるバベル0.4なげますが無反応。まさに、バベルは、このエサやりとマッチするかと思ったのですが、そううまくは行かないですね。笑

スタッフさんの動きをみて、餌を投げた瞬間、同時に投げるみたいなのができると、1匹ボーナス、流れを見ながら、底におちた餌に紛れた底の釣りができると、もう1匹ボーナスが起きそうな気がします。

ここからは、後半戦、ついに衝撃のアタリが・・人生初のスーパーレインボーは、後半のページへ!下記「2」をクリック!

投稿者: たくみん

関東在住の釣りバカサラリーマンです。本やwebサイト読んでいると絶対釣れる!って確信したはいいけど、現地にいったら何も釣れなかったこと多数。その橋渡しができるようなブログかきたい。また、釣りを通じて楽しい思い出が沢山できたので、そういう思い出作れるような釣り遊びをどんどん企画したい。ちょっと興味もちはじめた人向けに、こうやったら釣れたよーみたいな事を伝えられたらいいな。海も川もいくけど、食べられる魚の釣りが8割。本職はIT系企業の人事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。