宝くじのような釣り!?トラフグ船に初挑戦。2022 Xデー間近?カワハギ式の竿と誘いで無事にGET!

子育てが続きますが、どうしてもどうしても行きたい釣りがありました。それが言わずと知れた魚「トラフグ」を、狙う釣船です。

20人船にのったけど、釣れたのは3人だけ、など、なかなか釣ることができない様子から「宝くじ」と親しみをこめて言われたりしています。

しかし例年3月下旬から4月にXデーなる日を迎え、産卵にむけて1箇所に集うトラフグ達が一人当たり4匹も5匹もつれる爆発的な一日があり、フリークたちは毎日毎日、今日はXデーなるか?とweb情報をにらめっこすることになります。

浦安の吉野屋や吉久。金沢八景の野毛屋や忠彦丸。鴨居の一郎丸。羽田のえさ政。などなど、普段はショウサイフグやアカメフグを狙って出船するフグ船が、気配とともにことごとくトラフグ船を出すことになります。

機運も高まってきた3月26日、ショウサイフグ船→気配たかまればトラフグ船という、優しい組み方の忠彦丸さんにお世話になりました。

▼トラフグ釣りの仕掛け。今回はカワハギ竿で突撃

ショウサイフグとおなじく、カットウと呼ばれる仕掛けを使います。しかしながら水深が80メートルなど深い場所を狙います。

そのため、オモリは20号、25号など、船宿が、指定する重めのものを使う点と、強靭な歯でハリスを噛みちぎったり針ごと折ったりするため、ワイヤーになっている点が異なる展開です。

またフリークの方々は、アルゼンチン赤エビでなくイワシをつけたり、タイラバのキンキラキンのオモリを活用したり、針を二本針にして強烈にアピールしたり、さまざまな工夫をこらして挑んでます。

そこまで繊細でもないため、湾フグ竿でもいけますが、カワハギ竿や、タチウオ竿、先調子のライトゲームロッドなどでも対応できるそうです。

ということで、今回は所持しているカワハギ竿で突撃!

今回は、船宿支給の仕掛けを利用して、フグを寄せるためのヒラヒラスカートをつけました

トラフグを狙うタナは、Xデーは底の釣り、Xデー前は宙の釣りが基本

3月になると久里浜沖など、東京湾の入口あたりにノッコミマダイを狙う船団があらわれます。そのコマセが中層に漂い、産卵前にやってきたトラフグが、ポツポツ食べ始めるとのこと。

私がいった3月26日もまさにその釣り。水深80メートル以上あるところの、30から40メートルなどが指示ダナ(狙う深さ)でした。

この日もマダイ船団の周辺での釣りでした。

誘いに絶対解はない。深さを意識したトラフグとの出会いが重要。

30から45メートルなど指定されます。高さが10メートルあるわけです。人間でいうと、ビルの3階にいるのか7階にいるのか、みたいな違いがあるのではないでしょうか。そのなかで、しっかりとトラフグとの出会いを作れるかがまずまずのポイントとなります。

タテに探っていく、複数のパターン

タイラバを限りなく遅くした、ゆーーーーっくり巻いてくるデッドスロー巻きを行い、コツンと感じたらその深さで誘いを始めるパターンを船長から教えてもらいました。いちばんうえまできたら、ゆーーーっくり、フォールさせて探ります。

ほかにもライトウイリーの釣りみたいに、数十センチはねあげては数秒とまり、数十センチはねあげては数秒とまるパターンもあるそうです。

カワハギのように、スカートをふわふわさせるようにチョンチョンへこへこさせて、縦1メートルくらいに、アピールしたら元の高さでステイして待つ誘いもある。

ショウサイフグのように、20cmはねあげて、数秒ステイ。7秒ほどかけてゆっくりもとの高さまで戻す。これを1メートルずつズラしながら底でなく宙でやるパターンも、同じフグの仲間なら有効そうですね。

絶対解はないそうで、まさに船に乗っている人もそれぞれの誘いをしていました。

アワセは小さくていい!むしろ小さいのがイイ!

出会いさえすれば、獰猛にアタックしてくるそうです。一度にかけきれなくても、3度でも4度でも、餌がなくなるまで再チャレンジしてくる。だからこそ、大アワセは禁物。小さく、ハリにのせるようにするだけで、スッとかかってくれます。一度でかけられなくても、何度も何度もチャレンジできるよう、小さく優しくアワセをしましょう。

カットウ針にはかえしがないので、糸がゆるむと針がはずれるのはショウサイフグと同じ。ドラグもガチガチにしめて、なるべくポンピングもせずに一定速度で巻き上るのが基本

いざ実釣編。まさかの船中1匹目をGET?xデーなのか?

8時前、高鳴る気持ちとともに、釣りをスタート。マダイ船団を尻目に、野毛屋さんなどもあたりを周回しています。

30から45メートルということで、まずは45メートルに落として、7秒ステイ。まずは教え通り、デッドスロー巻き。手巻きだとなかなか一定スピードでやるのが難しいので、ゆーーーーーっくり、竿をもちあげて、1メートルあがったらステイさせつつ、糸をまきとる。そんな調子で、2往復くらいしますが無反応。

あの緑の船は浦安吉野屋さんかなぁ、のどかだなぁ

ヒラヒラスカートを活かして、カワハギ誘いをしていたら、異変!

このオモリにつけているヒラヒラスカートは、ちょんちょんした動きをすると、フサフサするんですよね。とにかく気づいてもらえるようアピールだ!と、いつものカワハギ誘いをします。

10cmくらいの幅で、チョンチョン誘い上げで5回ほど。10cmの幅でチョンチョン誘い下げを5回して元の位置。ピタッととめて、食いの間をあたえる。

10秒ほど待ったら、誘いあげをして、1メートルほどあげたらステイ、してると、、、37メートルあたりで何やら竿先がモゾモゾ!!やさしくフッと竿を持ち上げると、ズシン!!!脳汁が溢れ出ます。

がんばれー!がんばれー!と船長の声援をうけながら、決してゆるめないよう気をつけつつ、ハリを保ちながら膝でポンピング。無事に黒体がみえて、ネットイン!

フォロワーが多大な感じでもない私のTwitterにも、祝福のいいねがたくさんつきました。ありがたい限りです。

宝くじがいきなり二等賞以上確定。これがオスで白子がいたら、一等賞です。白子ガチャを楽しみに待ちます。

その後も、船の中でポツポツ!

ミヨシでも歓声があがり、4.9kgの特大トラフグがあがってました。27メートル。そしてポツポツアタリは続き、同行者もついにGET!!

逆張りで、指示だなより深く50メートルほどを狙っていたそうです。ライバルのエサが少ない深さの方が出会う確率たかいのではとの仮説。強い心。

かくいう私も、朝イチ以来、あたりが遠のいています。カワハギ方式もあきらめ、ウイリー方式、タイラバ方式、ショウサイフグ方式、いろいろ試しますが、何事もなく時間がすぎます。

12時ごろ、海の様子が一変!

大きく場所は変わってないのですが、流しかえると、みんながアタリがあったといいます!僕にもアタリが!!これはフィーバーきたのか?と思いきや、案の定外道さんでした。サバ祭り。

しかしそんな中でもところどころトラフグもあがり、船で10匹以上は上がったのではないでしょうか。2匹が数名、1匹までGETが8割くらいと、Xデーでない割にはいい日に出会えたんだと思います!

ということで、八景の湾内で記念写真をしてから帰港です。

調理師免許を持っている船宿のみなさんが捌いてくれます。運命の白子ガチャやいかに!楽しみな瞬間です。

が、残念ながら白子さんはいませんでした。ヒレ酒ように、ヒレももらえます。猛毒な内臓は基本的に取り除いてもらえますが、血に当たる部分はしっかり洗い落としてから持ち帰り。

熟成が基本だが初日に食べちゃえ!刺身より、炙りたたき!

2人目が生まれたばっかりではありますが、こうやって釣りに行けているのは義両親がわざわざ関西からかけつけてくださっているから。

本来は熟成させたいものの、初日からエイヤでたべちゃいます!写真のとおり、刺身と、炙りたたき。

初日だとなかなか味がなく、本当にタンパクな感じ。上品といえばとてもとても上品なのですが、ポン酢をつけると、ポン酢の味でしかないとも言えます笑笑 ディーンandデルーカの3種塩でたべるのが、最も楽しめました。

炙りたたきを、塩とワサビでたべるのが、とても風流!!これは初日でも、全然いけます最高です。

そして、天ぷらドドドドどーーーんと。薄皮も身ごとはいじゃって、あげるとフワフワモチモチ美味しいんですよね。エサのあまりのエビもあげてます笑笑

ヒレ酒も。熱燗でグイッとな。

味噌汁も出汁がたっぷり染み出してました。しみるーーーーー。

ということで、宝くじに無事に当選し、義両親とともに、子守りのお礼がてら食事を堪能することができました。めでたしめでたし。

いまはメスが多いからまだという感じだけどXデー秒読みだね。メスが産卵床についたら、オスが大量に白子ぶっかけ祭りにはいり、その頃は底でオスが釣れまくる。あと1週間もしないうちにくるんじゃないかな!なんて話をしてましたが、2022年は、そのちょうど一週間後4月2日にXデーが訪れました。何匹も何匹も釣れるとか、ほんと羨ましいなー。でも今年は土日は出歩けないので、来年におあずけかな。

最後まで読んでいただきありがとうございました!もしよかったらTwitterまでご連絡くださいっ

投稿者: たくみん

関東在住の釣りバカサラリーマンです。本やwebサイト読んでいると絶対釣れる!って確信したはいいけど、現地にいったら何も釣れなかったこと多数。その橋渡しができるようなブログかきたい。また、釣りを通じて楽しい思い出が沢山できたので、そういう思い出作れるような釣り遊びをどんどん企画したい。ちょっと興味もちはじめた人向けに、こうやったら釣れたよーみたいな事を伝えられたらいいな。海も川もいくけど、食べられる魚の釣りが8割。本職はIT系企業の人事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。